スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ち点1の意味

新潟戦は、何とか引き分けに持ち込んで、勝ち点1をゲットしたという結果でした。
残り3試合、残留争いから抜け出せないでいる中での勝ち点1は、どう評価すべきでしょうか。
自分としては、今回の勝ち点1は価値が高いと考えています。

新潟は、ホームが大きいアドバンテージとなるチームの筆頭といってもいい。
今年は不調らしくそれほど目立っていませんが、やはりホーム力といえば新潟でしょう。
同じ勝ち点で並んでいる残留争いのライバルを相手に、アウェーで勝ち点1をもぎ取ってきたのは、
結果的には大きい。
☆直接の相手に勝ち点3を与えず、順位を逆転されなかったこと(対にいがた)
☆差を詰められることなく、一試合消化(ゴールが近いた)できたこと(対ちば、V東京、いわた)
☆上位との差を1点とはいえ詰め、次節で直接逆転も可能になったこと(対きょうと)
残留争いでは、これらの点はとても大きいのですよ。

もちろん、一番大事なのは次節、ホーム最終戦の京都戦です。
そこで負ければ、また苦しくなる。
勝ち点3とれば、新潟戦の勝ち点1との合わせ技で、残留争い卒業も十分あると思います。

レアンドロが抜け、たぶん主税もいないでしょう。デニスもいないと考えていい。
攻撃と守りの核が抜けて、きついのは確かです。
相手の京都は、好調キープのままだし、残留争いに片足突っ込んでいるので、モチベーションも高い。
快勝はちょっと無理だと思います。
なんとか、泥沼のグダグダ戦に持ち込んで、勝利をもぎ取ってほしい。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマーウインド

Author:サマーウインド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。