スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月9日の試合

磐田戦を振り返ってみました。
勝ち点ゲットできればよかったのですが、結果は残念です。
負けは負けで結果が全てだという考え方もありますが、
昨シーズンの夏場の泥沼とはちょっと違うと思うのです。

今の磐田はある意味で絶好調。
たぶん、ACL組もかなわないほどじゃないかな。
選手達はアドレナリン出まくっていう感じ。
試合直後から磐田の選手達に自信がみなぎっているのがよく分かった。
身体もよく動くし、素早い。
だからプレッシャーもきついし、フリーのボールへの一歩も当然早い。
中盤は完全に支配されていたって感じですね。

そうなると、前線のイグノ、ジウシーニョ、前田の三人は楽に動けるし、
さらに、サイドの西もガンガン上がれる。
一点目のイグノのゴールも、磐田の圧力に思わずミスしたとも言えなくはない。
二点目は押し寄せる磐田の四人に切り裂かれたって感じ。

対するわがチームの中盤はどうだったか。
確かに金澤、ウッチー、パクの三人は動きがいまいち。
まともに動けたのは主税ぐらい。
これじゃ、うちのサッカーはできない。

暑さと試合間隔のせいなのかと試合直後は思っていたけれど、
やはり、中盤の勢いの差だったのではないかと思う。

ラグビーのスクラム、特に相手と直に組み合う第一列の選手の話を聞いたことがある。
スクラムというと体重差が勝負を決めると思われがちだけと、実はそれだけじゃない。
組み合う瞬間のちょっとしたタイミングや勢い、入り方がしくじるとあっという間に押し込まれてしまうのだという。
感覚で言うと、相撲の立ち会いがそれに近いのだとも言われている。

サッカーは肉体的な接触はないけれど、中盤の制圧(面的なプレス)ということでは同じだと思う。
勢いにのった磐田の中盤が、立ち会いをものにして、相手にミスを生じさせて一点、さらに押し込み切り裂いて二点目を上げたといったところかな。
最後の三点目はおまけ。やはり2:1の試合だった。
競馬で言うと、ゲートで思いっきり出遅れて、中盤無理に足を使い過ぎて、最後に捨て身の追い込みをかけたものの、当然のごとくスタミナ使い果たして、逆にズルズルと後退していったっ感じ。

さて、問題はここから。
磐田戦でわがチームがダメダメだったかというとそうとは思わない。
二点取られた後は、しっかりと立て直していた。
もちろん相手もスタミナを考えてすこしペースダウンしたところもあったとはいえ、
試合は五分五分にまで立て直していた。
前半のうちに、もしくは後半の早い時間に一点返していたら分からなかったと思う。
一度、ペースをゆるめたのを再度スピードアップするのは難しいからね。
磐田はバタバタになったと思う。
うちが反省べきところは、後半39分の得点とはいえ、焦らずに残り五分以上を同じ戦術で攻めるべきではなかったかということ。
焦って、マトをトップにあげたのはどうかと。ノーガードはいくらなんでもまずい。

名古屋戦は、是非とも試合の入り方に気をつけてもらいたい。
ゲート出遅れたらどんないい馬でも勝てませんから。
それと、試合のクロージングの仕方。
試合の真ん中約70分間はいい調子なんだから。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

サマーウインド

Author:サマーウインド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。